WEB予約 WEB予約

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 03-3228-1555

1.クリニック情報 ブログ

チャドクガによる毛虫皮膚炎

看護師Nです。8月後半から10月に、赤みの強い発疹で診断されている患者さんが何人か受診されていました。毛虫皮膚炎ですね、と診断されていました。自分の経験も含め、まとめました!

皆さん「チャドクガ」って御存知ですか?

農林水産食品産業技術振興協会HPより

「チャドクガ」とは日本を代表する毒蛾で年に2回、5~6月頃と9~10月頃に幼虫が発生します。幼虫期は毛虫の様な外見で黒く見える模様の部分に、風で飛ばせる程の小さな「毒針毛」と呼ばれる目には見えない小さな毒毛を持っています。この毛虫に直接触れたり、飛んできた毒毛が皮膚に刺さると「夜も眠れない程、痛がゆい」ような皮膚炎を生じます。我が子も幼い頃「チャドクガ」の被害にあい、とてもつらい思いをしました。そこでこの時期に多くみられる「チャドクガ」についてお話したいと思います。

☆チャドクガが好む植物

椿科の植物,,,ツバキ、サザンカ、チャノキなど、学校や公園などの公共施設でもよく見られる植物なので、その側を通って毒針に刺されてしまう子供たちも多くいます。

☆どんな症状が起こるの?

毒針毛に触れた直後から、かゆみを伴って赤く腫れ、1~2日後にかゆみの強い赤い発疹が出てきます。かゆみは2~3週間程続きます。

☆対処方法について

1.セロハンテープなどで触れた周囲をそっと押さえて、毒針毛を取り除き、その後強い流水やシャワーなどで洗い流します。かいたりこすったりすると被害が広がったり針が深く入ってしまうので気を付けましょう。

2.薬は抗ヒスタミン軟膏や、抗ヒスタミン含有のステロイド軟膏が有効です。かゆみが強い時は内服薬も必要になるので受診して診てもらいましょう。

☆衣服の洗濯方法について

1.粘着テープで除去します。

2.50℃以上のお湯で洗います。(他の洗濯物と分ける)1度では取り切れないことがある為、複数回洗濯したりすすぎを長めにしましょう。

3.洗濯後はアイロンがけをしましょう