WEB予約 WEB予約

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 03-3228-1555

粉瘤

粉瘤は手術で治る

粉瘤とは

粉瘤(ふんりゅう)は、皮膚の内側に袋が形成され、内皮膚にできる良性の腫瘍で、内部に垢が皮脂などの老廃物が溜まっています。

粉瘤の原因

まれに外傷(ケガ)が原因となることがありますが、ほとんどの粉瘤の原因は現状では分かっておりません。何らかの原因で皮膚成分が皮膚の下で袋状に発達することで生じます。

粉瘤の症状

初期は、皮膚の下にしこりを認めるにとどまり、皮膚表面上には症状がないことが多いため、自覚することは少ないです。はじめはとても小さな袋ですが、その中に溜まる垢や皮脂は外に出られずどんどん溜まるため、粉瘤も少しずつ大きくなります。

時に感染することも

粉瘤をよくみると、とても小さな穴があいていて袋とつながっています。その穴から細菌が入り込むと炎症・感染を引き起こして「炎症性粉瘤」となります。多くの場合、赤みや腫れ、ひどくなると痛みや熱をもったりします。内部の垢や皮脂は膿となるため、早急に排膿手術が必要になります。 単なるできもの、脂肪のかたまり、あるいはニキビの仲間と考えて、痛くもないからほったらかしにしている方もいらっしゃいます。しかしある日、感染を起こしてから病院に駆け込む場合があります。

粉瘤は自分で潰さないで!!

しこりが気になるからといって、無理に自分で潰すと、細菌が入り、炎症・感染を引き起こし、数倍に腫れてしまうことがあります。
痛くない、症状のない粉瘤であったとしても、放っておくと徐々に大きくなってしまいます。早めに医療機関で治療を受けることをオススメします。