WEB予約 WEB予約

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 03-3228-1555

1.クリニック情報 ブログ

2020-2021年シーズンのインフルエンザワクチンについて

こんにちは。上高田ちば整形外科・小児科です。
2020-2021年シーズンのインフルエンザワクチンについてのご案内です。
インフルエンザの発症及び重症化防止のために、ワクチン接種をお勧めいたします。

【接種期間】
●2020/10/12-2021/1/31
(10-12月での接種が推奨です。12歳までは2回接種)

※高齢者の定期接種対象の方は10/1から接種開始できますので、1階整形外科受付でご予約ください。(区から送付された予診票が必要です) 65歳以上の方で肺炎球菌ワクチン未接種の方は、同時に接種されるのがお勧めです。

【予約方法】
●予約システムにて9/23 9時から受け付けます。(2日前までに予約してください)

●予約システムがご利用になれない方は、受付カウンター(1階,2階ともに可能)でも予約取得が可能です。
※当日でもワクチンに余裕があれば接種可能ですが、ご予約いただいた方が優先になります。
※診療に影響しますので、お電話でのご予約は
AM 平日 10時半から11時半
PM 平日 15-16時  (木曜除く)
に限定させていただきます。なるべく予約システムでの予約取得にご協力ください。

【接種票について】
●任意接種となりますので、予診票は受付からお受け取り下さい。
※ダウンロードも可能です。: http://kmdc.tokyo/pdf/influ.pdf
●中野区にお住いの未就学児は中野区助成が2回受けられます(2021/1/31まで)。
※中野区助成の接種票は2階小児科受付に専用のピンクの予診票を準備しております。混雑緩和の為になるべく事前にお受け取りいただき、ご自宅で記入してから接種当日ご来院いただくようご協力をお願い致します。

【接種費用】(1回につき)
●任意接種                 : 3500 円
●家族割  (同日に家族の接種がある場合)      : 3300 円
●未就学児への中野区助成             : 2500 円


渦流浴の消毒について

こんにちは。院長の千葉です。

当院のリハビリ器具の1つに渦流浴があります。
細かな気泡により、末梢の循環を改善する効果や、マッサージ効果などが期待できる器具です。
当院では、感染対策の一環として、
利用されるすべての皆様に手洗い、アルコール消毒をお願いしております。
また、厚生労働省が定める基準の塩素濃度で使用する水を消毒して使っています。これは一般的なプールとほぼ同じ濃度です。

残念ながら塩素に過敏症状のある方はご利用いただけなく恐縮ですが、
多くの皆様に安全にご利用いただけるためにも、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


今冬のインフルエンザと COVID-19 に備えて

こんにちは。上高田ちば整形外科・小児科です。

⽇本感染症学会は「今冬のインフルエンザと COVID-19 に備えて」というテーマで提言を行いました。まだわからないことの多い感染症ですので、現時点のデータから予想されることなど、わかりやすくまとまっていましたので、少しご紹介したいと思います。

従来のコロナウイルスの伝播状況から、冬季に COVID-19 の⼤きな流⾏が起こることが予測されています 。特に、インフルエンザの流⾏期と重なることにより、重⼤な事態になることが危惧されます。また、中国からブタ由来の新型インフルエンザの発⽣も報告されており、今後の動向に留意する必要があります。

2019-2020 年シーズンのインフルエンザは、例年に⽐して小さな流行に終わりました。これは、COVID-19 対策としての⾶沫感染対策、および⼿指衛⽣等の予防策が、インフルエンザについても有効であったことを⽰唆していますが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) の出現が、インフルエンザ流⾏に何らかの原因で、⼲渉したとの説も考えられています。

今冬に同時流⾏が起こるか⼲渉がみられるかは、今年夏季の南半球の流⾏状況に注⽬する必要があります。

⼀⽅、COVID-19 とインフルエンザとの合併も報告されるようになりました。これらの報告によると、インフルエンザとの混合感染は、COVID-19 による⼊院患者の 4.3-49.5%に認められています 。インフルエンザ合併例では、⿐閉や咽頭痛が多く認められる傾向にありました。インフルエンザ⾮合併患者に⽐して、重症度や検査所⾒に差異はみられなかったとある⼀⽅で、B 型インフルエンザとの合併症例は重症化したという報告もあります

以上のことから、冬のインフルエンザの発症及び重症化予防ために、インフルエンザワクチンの接種を、積極的に考慮してください。生後6か月以上で接種可能です。

 ※昨シーズンのインフルエンザワクチンの写真です。

 

当院でも10月から接種開始の予定としています。予約時期、方法などについては、追って9月後半にHPで行います。


大人のワクチンについて(帯状疱疹ワクチン)

新型コロナウイルスのワクチン開発を各国で頑張っているようですが、なかなか苦戦しているようですね。今年の冬には、どうやら間に合いそうもありません・・

そんな中、大人でも必要なワクチンとして、今回は帯状疱疹ワクチンをご紹介します!

水痘・帯状疱疹ウイルスの初感染である水ぼうそう(水痘)にかかったことのある人が、体調不良時など免疫力の低下したタイミングで痛みを伴う帯状疱疹を発症することがあります。
帯状疱疹の発症率は50歳以上で増加し、50代、60代、70代と加齢に伴って増加していきます。

また、帯状疱疹後神経痛(PHN)への移行リスクも加齢とともに高くなるといわれています。

水ぼうそうにかかったことがある人は、すでにウイルスに対する免疫を獲得していますが、年齢とともに弱まってしまうため改めてワクチン接種を行い、免疫を強化することで帯状疱疹を予防します。完全に発症を防ぐものではありませんが、たとえ発症しても症状が軽くすむという報告があります。

50歳以上の方は帯状疱疹ワクチンの対象となりますので、任意接種にはなりますが、お勧めいたします。ご家族にも是非お勧めください。


オーダーメイドインソールについて

リハビリスタッフIです
今回は当院で作成しているオーダーメイドインソールについてご紹介したいと思います。
インソールとは靴に入っている中敷きのことをいいます。市販のものですと、スニーカーに入っている平らなものや、土踏まずあたりが盛り上がっている偏平足用などがよく販売などしていると思います。

このインソールについて、当院ではその人に合わせオーダーメイドで作成を行っています.株式会社神戸装具製作所が作成しているmysoleというオーダーメイドインソールを作成しており、整形外科医監修のもと、義肢装具士、身体運動の専門家である理学療法士が中心となって開発された新しい概念の医療用インソールです。市販のものや従来の病院で作成しているインソールとの違いは、個々の足の状態や動作を評価し、症状との関連性を考慮し作成していくという理学療法士の特徴を最大限に活かしたもので、個々の弱点を補う、克服する、症状の軽減の手助けをできるインソールになっています。

 

 

 

 

 

作成の際は、mysole作成資格を持った理学療法士が症状のチェック、足の状態や歩行などの動作評価、動作との関連性を考慮し、問題点を見つけ、その問題点に合わせ、mysoleパッドを足底に貼り付け、疼痛や症状の変化、動作の変化などを体感していただきます。使用したmysoleパッドの配置がそのまま作成したインソールに反映されるため、評価時の反応がそのまま再現されていきます。
足のサイズなどにもよりますが、子供から大人まで対応可能で、症状の軽減はもちろん、子供の場合は症状の軽減や動きの癖を見て、より運動機能が向上しやすいように評価を行っています。スポーツを行っている方では、けがの予防やパフォーマンス向上の手助けをできる可能性があります。
また、通常のインソールと違い、表面材や色なども選択でき、医療用としてはファッション性にも考慮したインソールになっています。
詳細や作成希望は当院整形外科、リハビリテーション科にお問い合わせください。

 


整形外科でのタクシーの配車依頼について

整形外科では、アプリからタクシー配車依頼ができない方の代わりに配車依頼をすることがあるのですが、手配したタクシーが到着する前に、通りがかったタクシーに乗車されますと、手配したタクシーのキャンセル料が発生するそうす。

タクシーを手配した際に、ドア番号等を記載したメモをお渡ししておりますので、乗車される前に、ドア番号を必ずご確認いただけますようお願いいたします。

 

今後は、以下の用紙をお渡しします。

また、状況によっては、配車手配までお時間をいただくことがありますが、ご了承いただけますようお願いいたします。

 


整形外科での感染予防対策について✩

 

受付Yです(‘◇’)

今日は整形外科での感染予防対策についてご案内させていただきます!

 

手指消毒について☆

左側に掲示させていただいているのが、手指消毒の手順になります!

ワンプッシュで大人の両手分を賄える量の消毒液が出るようになっているのですが、しっかりと擦り合わせないと手が濡れたままになってしまいますね…!

手に取った消毒液が乾くように、きちんと両手を擦り合わせることが大切なので、みなさんも意識してみてください✩

 

 

みなさんと一緒におこなう感染対策について☆

来院時の検温やマスク着用、椅子にかけていただく際は距離を保っていただくことも継続しております!

(受付のパーテーションと、院内に掲示しております。)

また、換気のために窓も開けているため、窓に近い席は、外気で暑さや湿気も感じさせてしまうことがあるかと思いますが、

ご理解、ご協力いただけますようお願いいたします。

 

 

近頃、混み合う時間帯に受付付近が混雑することが増えてきたので、少しでも密集を回避できるように、リハビリの後に診察や注射になる方や、お会計待ちの方には、受付カウンターにあるトレイにカルテを入れていただくようになりました。

お渡ししたカルテをこちらのトレイに入れていただいた後は、職員の方で順番に診察に回したり、お会計の準備をいたしますので、その間は椅子に掛けてお待ちいただけますので、ご協力お願いいたします。

お電話で問い合わせいただいた際には、比較的混み合いにくい時間帯をお伝えさせていただいておりますので、ご不明な点はご相談ください☆

 

 


熱中症対策について

こんにちは。リハビリスタッフCです。

ジメジメと湿度が高く熱がこもる時期・気温が上がる夏に要注意の熱中症の対策についてお話したいと思います。

熱中症は身体にこもった熱を放出できなくなってしまうことが原因で起こります。熱をこもらせないように冷やすことが重要となります。皆さんは身体を冷やす時、どこを冷やしますか?実は、冷やす場所にはポイントがあるんです!

 

<ここを冷やすと効果的!>

(横) ② ③足の付け根

⇒太い血管が通っていて、比較的皮膚が薄い場所なので冷えやすいです。

※保冷剤などを使う時は凍傷にならないよう、タオルに包んで長時間当てないようにしましょう!

手首(血液の折り返し地点)

⇒心臓に返る血液(静脈)を冷やすことができるので、身体にこもった熱を流してくれます。

※冷水に浸すだけでも効果的!

<逆効果!?NGポイント

おでこ

⇒血管が収縮して頭痛や肩こりにつながってしまうことも…

首の後ろ

⇒体温を調節するところが「身体が冷えてる!」と勘違いをして逆に体温を上げてしまうことも…

 

どうでしょう、皆さんは効果的な場所を冷やすことができていましたか…?まだまだこれからが夏本番です…!水分・塩分をとることも忘れずに、熱中症対策をして快適に夏を乗り切りましょう!

 


リハビリのお話し~パワープレート編

こんにちは。リハビリ科Mです。全国的に不安定な天気が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近は新型コロナウィルスの影響もあり、自宅で過ごされる方が多いかと思います。家の中では同じ姿勢で過ごす事が多くなりがちで、体を動かすにも限りがありますよね。運動量の低下を気にされている方も多くいらっしゃるかと思います。そんな中で久しぶりに身体を動かそうと、急激な運動をすると身体を痛くしてしまう事もあります。無理の無い範囲で、少しずつ少しずつ身体を動かしていきましょう!また、じめじめして過ごしにくい梅雨の時期、新型コロナウィルスの心配もあって、心身ともに疲れがたまります。身体を動かした後は、いつも以上にセルフケア、体調管理に目を向けてあげてください。ゆっくりお風呂に入って、しっかり汗を流した後は、軽くストレッチをして横になって休んでください。( =ω=)…zzz

さて、今回は運動に関係してPower Plate(パワープレート)のお話です。みなさん、Power Plate(パワープレート)ってご存じですか?当クリニックではPower Plateをリハビリに導入しております。パワープレートとは、世界のプロスポーツ選手のボディケアやトレーニングにも使われている。1秒間に30回以上という3次元の高速振動を発生させる事が出来る機械で、その振動により身体に刺激を与える事が出来るというものです。

ざっくり、パワープレートにはどんな効果があるのかというと・・・

・筋肉のリラクゼーション

・バランス能力の向上

・歩行運動、移動能力の向上

・姿勢の改善や体幹のコントロール

・関節可動域の向上

・骨密度の向上

などなど。運動や動作には勿論、それ以外にも様々な効果があります。なにより、振動刺激を利用する事により、短時間で効率よく運動が出来ます!

 

当クリニックでは運動器リハビリの際にパワープレートを用いた運動療法も実施しております。皆様のお身体の状態や目的に合わせた様々な使い方が出来るのがパワープレートの特徴です。ご興味がある方はぜひ一度お試しいただければと思います。 (‘ω’*)


リハビリのお話し~フレッシュ新人紹介編

こんにちは。 理学療法士のです。通り過ぎたと思った梅雨が、また戻ってきたような雨模様ですが、皆様どのようにお過ごしでしょうか。

今回は今年4月から新しくリハビリテーション科に加わった2名の新人スタッフのご紹介をさせて頂きます。

1人目の方は、鈴木 美沙子 理学療法士です。以前よりリハビリ助手として皆様と関わらせていただいておりましたが、4月からは理学療法士として今まで地域の皆様とかかわってきた経験を活かし、どんな症状にも、子どもから大人まで気軽に相談できる存在として皆様の健康のお手伝いをしていきたいと考えています。普段ご本人も気付かれていない痛みの原因について、様々な視点からお身体のことを一緒に考え提案し、[より健康で毎日を笑顔で過ごせるためのリハビリ]を行っていきたいと思います。

2人目は私、 怜央 理学療法士です。私は今年から理学療法士になり、1年目ではありますが、「今、お身体はこのように動いていますよ」と一緒に身体を動かしたりしながら、ご自身のお身体をより分かりやすくご説明し、[ご本人様のその日の症状に合わせて、皆様一人一人にあった楽しいリハビリ]を行っていきたいと思います。

~新人教育の風景~

先輩の先生のご指導の下、体に直接、筋肉や骨を描くことで、お身体の動きがより分かりやすく考えられるように日々勉強中です。

先輩の先生のリハビリを見たり、一緒に考えたり、皆様のお身体にあったリハビリを行っております。

現在、二人とも元気にリハビリをさせて頂いております!

ご本人だけではなく、ご家族の方やお知り合いの方のお体の不調など、気になる事がございましたらお気軽にご相談ください。