WEB予約 WEB予約

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 03-3228-1555

1.クリニック情報 ブログ

ファイザー社とモデルナ社のコロナワクチンについて

医療従事者 や 65歳以上の高齢者 の3回目のコロナワクチンの予約が開始されています。2回目から8ヶ月経過した18歳以上の方 も接種可能です。中野区は東京23区の中でも、ワクチン接種が迅速に開始されたことで一時有名になりましたが、つまり3回目接種の対象となる方も多くいらっしゃるということです。当院でも限られた時間の中で接種を進めています。

厚生労働省のHPに3回目のブースター接種に関して記載がありますので、是非ご確認ください。 ↓↓↓

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/booster/

当院でも、スタッフの接種の3回目もほとんど完了しています。自分、家族、そして患者さんへの感染リスクを考慮し、始めはワクチン接種に不安だったスタッフも少し接種開始されてから様子をみてからやはり接種をする決断に至りました。

ファイザー製のワクチン

さて、3回目接種の際によく耳にするのが、ファイザー製かモデルナ製か、という問題です。当初ファイザーしか承認されていなかったので、医療従事者や優先接種された高齢者の方はほとんどファイザー製と思いますが、職域接種や大規模センターではモデルナ製が使用されました。

どちらもmRNAワクチンという同じ種類です。厚生労働省のワクチンQ&Aには

このように記載されています。

中野区HPにも3回目接種についてまとめたサイトがあるので、是非ご確認ください。↓↓↓

https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/407000/d031517.html

接種後の心筋炎のリスクから10代.20代の男性の方でファイザー製を特におすすめしたいと思いますが、その他の世代の方ではどちらでもかわらないと認識いただいていいと思います。

ファイザー製のワクチンのみでは、第6波の大流行期、急いで接種を進めていくことを考慮すると足りません。特に高齢者の方は、「どちらを選択するか」よりも接種対象になった時に「早く接種」することの方が大事です。是非、迷われている方がいらっしゃいましたら参考にしてください。

2月以降、当院では金曜午前はモデルナ社製のワクチンによる接種を行います。モデルナ社製は、区の予約システムを使用して予約を取得できますので、ご利用ください。具体的には以下の方法です。

::::::::::::::::::::::::::::

区の専用予約サイト( https://v-yoyaku.jp/login ) または コールセンター(0120-76-4040)(毎日・9時~19時) 

::::::::::::::::::::::::::::

ご不明点があれば、ご相談ください。


コロナの第6波、感染者が急増しています!

こんにちは。小児科・千葉智子です。

連日ニュースでも報道されていますが、コロナ感染症が急拡大しています。特に今までと比較にならないほど小児のコロナ陽性者が多く出てきています。

中野区HPより

今回のオミクロン株の重症化リスクはそれほど高くはないといわれていますが、感染力は非常に高く、子どものいる家庭で家庭内感染が起きると、自宅療養にも工夫が必要です。

東京都の出している「新型コロナウイルス感染症 自宅療養者向けハンドブック」が非常に見やすくて、参考になると思いますので、ご紹介いたします。

自宅での感染予防法も具体的に記載がありますので、是非ご参考にしてください!

東京都保健福祉局HPより

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/shien/zitakuryouyouhandbook.files/zitakuryouyouhandbook02.pdf

発熱時、不感蒸泄で体から水分は失われます。こまめに水分補給を心がけ、体がつらいうちは、しっかり静養してください。


コロナによるワクチン接種控えをしていた方は・・・(子どもの定期接種ワクチンについて)

現在、厚労省からの通達で

新型コロナウイルス感染症への罹患リスクを考慮し受診を控えたことにより、期間内の接種が出来なかった方について、接種期間を延長します。

という制度があります。

上限年齢の決まっているワクチンもありますが、基本的に定期接種のものであれば保健所に相談すれば特例が使える場合もあります。母子手帳で接種漏れがないか確認ください。

中野区に確認したところ、子宮頸がんワクチンも年齢によっては対象となるとのことでした。4月から定期接種が再開の予定です。また、救済年齢も決定されると思いますが、突然需要が増加することによるワクチン不足が心配です・・・現在接種可能な年齢の方(小学6年生-高校1年生)、高校1年生は過ぎてしまったが接種したかったという方は、4月前に接種するのがお勧めです。居住自治体の保健所に是非ご確認ください。

お持ちの予防接種予診票はそのままお使いいただけます。

詳しくは中野区HPへ

↓↓

https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/407000/d028980.html


年末年始の休診日

休診日は 12/29(水)から1/3(月) となります。

定期受診、薬がなくなる方は、年末の診療終了ぎりぎりのお時間は混雑しやすいので、少し早めの日程、時間でご受診ください。新年1月4日より通常通り診療いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


皆様、良い年をお迎えください。


離乳食を開始する時に☆(小児科)

こんにちは、小児科担当・千葉智子です。小児科では、かぜなどの「一般診察」と共に「乳幼児健診」や「予防接種」も行っています。

乳幼児健診では、中野区では、【3.4ヶ月健診】はすこやか福祉センターでの集団健診、その他、【6.7ヶ月健診】【9.10ヶ月健診】【1歳半健診】は個別健診で運用されています。

乳幼児健診では、体の成長についても質問と共に、離乳食についての質問も数多くあります。

今回は厚生労働省からでている「離乳スタートガイド」をご紹介します。

★離乳食開始のサイン
★補給したい栄養素
★とりわけ離乳食

厚生労働省の離乳食ガイドについて、ご確認いただけます。

 ↓↓↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/ninpu-02_00001.html


令和小学校のHPより(体軸体操)

こんにちば。小児科担当・千葉智子です。

中野区立令和小学校の校医をしているため、健康診断などで学校を訪れる機会も多くあります。

姿勢の悪い子どもが多いことは もともと気になっていました。姿勢の悪さは体の様々な不調につながります。

近年、子ども達の運動能力の低下が指摘されており、その改善のため「体軸体操」というものがあります。

当院には、体軸体操の研修を受けた理学療法士が複数在籍していますので、気になる症状がある場合は、是非整形外科にご相談ください。

令和小学校HPより
令和小学校HP「ほけんだより」より


おススメの本・「病院に行く前に知っておきたいこと」

こんにちは。上高田ちば整形外科・小児科です。

2021年3月時点の「人口推計」にて日本の15歳未満の人口は1493万人と 40年連続の減少で人口の11.9%と47年連続の低下を認めています。この割合は諸外国と比べても最低水準といわれています。

少子化が進む中、1997(平成9)年に  共働き世帯 が 専業主婦世帯 を上回って以来、その差を増しています。中野区の認可保育園数もこの10年で3倍に増えました。


仕事と育児の両立、玉成混交の子育て情報の氾濫、 核家族化 で、子育てに苦戦している方もいらっしゃるでしょう。


今回は「病院に行く前に知っておきたいこと」という本をご紹介します♪

当院は、地域の保育園や小学校の嘱託医として、園医 また 校医 としての役割も果たしています。 子育て応援 の一員として、お役に立てれば、と思いながら、日々外来を行っているつもりです。

しかし、聞きたいことが聞けなかった・・と帰宅することが全くないともいえないかもしれません。この本を読むと、保護者の方も、どのように子どもの状況を伝え たらよいのか、どのように子どもの様子を観察したらよいのか、どのように医療者とコミュニケーション をとったらよいのか、などが理解できてくるかな、と思います♪


待合室に見本を置いておきます。 amazonでも購入できます ので、気になる方は是非ご覧ください!!おすすめです☆

#上高田ちば整形外科小児科 #中野区 #落合駅 #東中野駅 #中井駅 #新井薬師駅 # #クリニック #整形外科 #小児科 #リハビリ #運動器リハ #理学療法士 #詳しくはHPのクリニックブログへ #ホームケア #いざという時に役に立つ #病院に行く前に知っておきたいこと #医療のかかり方 #待合室 #お子さんが小さいうちに是非ご一読を #基本的にはなんでもご相談ください!


コロナ後遺症について

こんにちは。上高田ちば整形外科・小児科 小児科担当・千葉智子です。

東京都のコロナ感染者数が急速に減少してきています!第6波も予想されていますがそんな日が来ないことを切に願います・・・

さて、今回は厚生労働省のHPで公開されているデータをご紹介しながら、「コロナ後遺症」についてご紹介したいと思います。

後遺症の治療について、現段階で, 確立した治療法はなく、対症療法が中心となっています。根本治療、劇的な治療法が確立されていない以上、やはり、感染を防ぐことが大切です。

国際医療センターによる「COVID-19で入院した患者さんへの後遺症に関する聞き取り調査結果の研究」をご紹介します。

発症120日後で10%ほどの方が、呼吸苦倦怠感嗅覚障害などを自覚されているようです。

発症者の1/4程度の割合で脱毛の自覚があるとのことです。しかも、症状発現が2か月ほど経過してきてから、ということです。

後遺症を訴える方の割合は、想像以上に高いことがわかります。しかも、20.30代の若年層であっても8割くらいの方は後遺症を訴えています。

20才代では、嗅覚・味覚障害の割合が非常に大きくなっています。

これに関しては、金沢医科大学の耳鼻咽喉科の研究で以下のような検討がなされています。

多くの味覚障害例は、嗅覚障害に伴う風味障害の可能性が高いということです。食事の楽しみを失ってしまうことでQOL(生活の質)の低下を感じられることが多いといわれています。

後遺症には根本的な、強力な治療法はありません。

従って、予防することしかできないのです。コロナワクチンを確実に接種し、マスクを着用して三密をさける生活をしっかり継続することが必要であると、考えています。


12歳以上のコロナワクチン(中野区の状況)

現在、中野区では中野サンプラザで、武田/モデルナ社ワクチンの集団接種を行っていますが、11月20日で終了となります。10.20才代の方への心筋炎の注意がでていますので、ご紹介します。

https://www.mhlw.go.jp/content/000844011.pdf

個別接種として当院で使用してるのは「ファイザー社」のワクチンです。1回目はモデルナ社のものを接種したが、2回目は変更したいということも可能ですので、そのような場合はご相談ください。(1回目から4週間の間隔をあける必要があります)

ファイザー社のCOMINATY

ファイザー社のコロナワクチンは、1本につき6人分の薬液をとっています。廃棄をなるべくしないために、今後は第2土曜に限定して、接種を行っていく予定としています(1回目、2回目ともに)。1回目の接種後に2回目の接種予約をしていただくようにお願いします。

直前のキャンセルですと、空き枠が埋まらずワクチン廃棄につながりますので、ご予定をご確認の上で予約システムにてご予約ください。(1か月先まで予約できます)

10月18日現在の中野区の年代別接種状況

ご不明な点は、受付までお尋ねください。


インフルエンザワクチンに予約に関して

今年のインフルエンザワクチンですが、予約がとりずらい状況が続いてご迷惑をおかけしております。

細い針で、痛みを軽減しています♪ 絆創膏にはトトロの模様が・・♡

今年は、例年と比べ出荷量が少ないのと、出荷当初の流通量が少ないために、予約数がなかなか増やせない現状です。
毎日予約システムにて、1ヶ月先までの予約を受け付けていますので、ご予定をご確認ください✨予約数に達した場合、予約を停止する可能性がありますので、ご了承ください。

中野区では、未就学児のインフルエンザワクチン助成を行っています。ピンクの接種票への記載が必要になりますので、ご利用ください🎵

23区内の65歳以上の方の定期接種も受付可能です。


予め記載していただけますと、接種日当日スムーズです!

「未就学児用の中野区助成のピンク予診票」と「一般の方の予診票」

インフルエンザワクチンは、12歳までは2回接種です。重症化予防と発症予防の効果が期待できますので、12月末までに接種を完了してください。