WEB予約 WEB予約

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 03-3228-1555

1.クリニック情報 ブログ

ニキビについて(スタッフブログ)

こんにちは。看護師Nです。

中学生の頃からでき始めるニキビは誰もが一度は悩んだ事がある肌トラブルの1つだと思います。しかし、対処法を間違ったり、放置してしまうと「ニキビ痕」を残してしまう可能性もあるため早めに適切な治療を受ける事が大切です。
今回は10代に多くみられる「思春期ニキビ」について書いてみたいと思います。

☆1~思春期ニキビの原因~
思春期ニキビは成長期における皮脂の過剰分泌が原因です。
毛穴に皮脂がたまり、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしてしまいます。

☆2~思春期ニキビの悪化因子~
・月経前 ・寝不足 ・便秘 ・皮膚のバリア機能の低下 ・乾燥肌 ・ストレス
・不規則な生活など

☆3~ニキビの出来やすい部位~
ニキビの出来やすい部位は顔面・前胸部や上背部など皮脂腺が発達している部位です。
思春期ニキビの場合はおでこや鼻などTゾーンに出来やすいといわれています。

☆4~予防方法~
思春期ニキビは洗顔などのスキンケアで皮脂の量と水分量を適度に保ち、肌を清潔にする事が大切です。

①洗顔

お肌のトラブル(ニキビ)
洗顔する事で余分な皮脂と汚れ・毛穴を塞ぐ角質を落とします。1日2回、朝と晩に行いましょう。
※洗いすぎは肌を守るバリアを壊してしまうので注意しましょう。

【洗顔方法】
1、 始めに手をしっかり洗います。
2、 ぬるま湯でさっと顔を洗います。
3、 洗顔料をしっかり泡立てます。
4、 泡でやさしく洗顔します。この時、肌をこすらないよう泡を転がすイメージで汚れを落とすようにしましょう。
5、 顔をすすぐときもゴシゴシしたり、ニキビを押さないようにしましょう。
6、 特に髪の生え際など洗顔料が残ってないかチェックし、清潔なタオルでそっと水分をふき取りましょう。

②保湿
洗顔後は水分が蒸発して乾燥してしまうため保湿が大切になります。
化粧水を手のひらに取り、顔を優しく押さえるようにして水分を肌になじませましょう。

③日焼け止め
紫外線は肌を痛め、ニキビ肌のリスクとなるため日焼け止めを使用しましょう。

④その他として
☆食事→1日3食、バランスの良い食事を心がけましょう。お肉や揚げ物・スイーツなど脂肪分を多く含む食品は控え目にしてビタミンや食物繊維が豊富な緑黄色野菜を多く摂るようにしましょう。

☆睡眠→睡眠不足は体調不良の原因となり、ニキビの悪化につながります。体の新陳代謝を促すホルモンが22時~深夜2時に出ていると言われてるので22時頃までに就寝するのが理想的です。良質な睡眠のため、寝る前に脳を興奮させるようなカフェインを摂ったりスマートフォンやパソコンなどを見るのは控えましょう。

☆清潔→毎日の入浴・シャワーで肌を清潔に保ちましょう。また自宅にいる時はひたいやあごに頭髪が触れないようにヘアピンやゴムなどで前髪をあげ、髪をまとめましょう。

☆ストレス→趣味や適度な運動など自分なりのリラックス法でストレスに少ない生活を送りましょう。

ニキビや保湿剤などのお薬のメーカーmaruhoのHPにも、ニキビについての特集があります。よろしければ checkしてみてくださいね♪ https://www.maruho.co.jp/kanja/nikibi/