WEB予約 WEB予約

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 03-3228-1555

5.季節の話題☆ ブログ

熱中症予防(運動時の水分補給について)

こんにちは。看護師のTです。

まだまだ、暑くて湿度の高い日が続いています。今年は残暑も厳しいようです。うちの子供たちも週末は野外で運動をしているので、熱中症が心配です。

今回は運動中の効果的な水分摂取についてのお話です。運動中の発汗量は個人の体サイズ、気象条件、運動強度によって変わります。体重を測って、体重減少が2%以内に収まる事が目安になりますが、毎回体重測定するのも大変です。そこでお勧めなのが、のどの渇きに応じた自由な飲水です。それによって、ちょうど適量の水分が補給される事が多くの研究調査で明らかになっているそうです。(日本スポーツ協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」より)自由飲水では少量の不足が生じる傾向にあるそうなので、そのことを頭に入れつつ、多めに補給していく事が望ましいです。子どもは遊びや運動に夢中になると、水分補給も忘れて、動き回ってしまいます。目のつくところに水筒を置いて、のどが乾いたら、すぐに水分が取れるようにしたり、こまめに声掛けするなどの配慮が大切です。補給する飲料の中身は0.1~0.2%の食塩と4~8%程度の糖質濃度の飲み物がおススメです。水だけをとってしまうと、汗で失った塩分など電解質を補給できず、体液のバランスが崩れます。その結果、筋肉の収縮が起きて、こむら返りや熱けいれんが起きることもあります。また、電解質濃度を保つため、汗や尿から水分をだして、水を飲んでいても、体は脱水状態になっていることもあります。塩分だけでなく、糖分が加わっていると、腸からの吸収が良くなるので、運動時は塩分、糖分が含まれているスポーツドリンクを選びましょう。水筒にスポーツドリンクではなく、水や麦茶を入れたい場合は、塩分チャージタブレットもおススメです。100mlに1~2個の補給で0.1~0.2%の濃度になります。

効果的な水分摂取で暑い残夏を乗り切りましょう!


12歳以上の全ての方のコロナワクチンスケジュール予約スケジュール

8/20 正午12時より予約システムでコロナワクチンの予約を再開いたします。ワクチン供給量の関係で、1回目の日時で2回目の接種日時は自動的に決定させていただきますので、2回目の接種予約は不要です。

日程の変更はできかねますので、ご了承ください。2回ともご都合のつく方のみご予約ください。

(※①:1回目、②:2回目のことです)

3週目ではないタイミングで2回目の接種となる日時のみ 掲載します。

①8/23(月)PM ②9/17(金)AM   ・・※

①8/31(火)PM ②9/24(金)AM   ・・※

①9/1(水)PM ②9/24(金)AM    ・・※


彼岸花① ~満開までの軌跡~

リハビリ室のAです。
いつもお彼岸が近づくと、いつの間にか咲いてる印象が強い彼岸花(ヒガンバナ)ですが、今年はつぼみから満開までの写真が撮れましたので、ご紹介したいと思います♪


秋を彩る彼岸花(ヒガンバナ)の名については、お彼岸の頃に突然花茎を伸ばし開花することから彼岸花、サンスクリット語で「赤い花」をあらわすmanjusakaの音写で曼珠沙華(マンジユシャゲまたはマンジュシャカ)。英語では赤い蜘蛛を想起させるユリに例えたレッドスパイダーリリー。また日本では各地方のみで通じた異名があり、別名、地方名、方言は数百以上あるそうです。
最後に曼珠沙華は歌のタイトルにもなることが多いです。特に山口百恵さんの「曼珠沙華」は名曲だと思います!(知っていますか?笑)

季節の花をめぐるお散歩にちょどいい気候になってきましたね!


中高生のコロナワクチン接種に関して

こんにちは。上高田ちば整形外科・小児科 千葉智子です。

たびたび登場の、ファイザー製コロナワクチン「コミナティ」★

本日8/18は中野区医師会の集団接種会場で午前中で60人くらいの方に接種してきました♪接種された皆様もおつかれ様でした。

私は、2021年5月以降、1ヶ月につき1.2回、定期的にワクチン接種のお手伝いに中野区医師会に伺っておりました。集団接種では数多くの中野区民の方にワクチン接種が進んだのではないかと思います!しかし中野区の集団接種も9月末で終了です。・・・さて、そうなると10月以降は個別接種で進めていくということになります。10月になるとインフルエンザワクチンの時期にも重なってきます。コロナワクチンは接種前後2週間は他のワクチンは打てません。インフルエンザワクチンは3.4週間の間隔をあけて12歳までは2回接種となります。つまり、インフルとコロナのワクチンはしっかりと計画的に進めていただく必要があります。

以下、小児科学会のコロナワクチンに関するQ&Aを抜粋します。

日本小児科学会HPよりQ&A 抜粋

我が家の長男は中学2年生で13歳です。発症予防、重症化予防のために、つい先日接種しました。しっかり経過観察をしながら、確認いたしました。少し腕が上がりづらい症状はあったようですが、熱もなく、局所の腫れもなく、1回目を終了しました。

デルタ株の流行で家庭内感染が今までより起こりやすくなっているようです。子どもは重症化しずらいとはいえ、後遺症が長く続く可能性などもあり、子どもを感染から守るために、本人も納得の上で接種しました。

接種を迷われている保護者の方はたくさんいらっしゃると思います。接種は義務ではありませんが、ワクチンの効果は高いことがわかってきています。とはいえ、副反応も心配だと思いますので、金曜、土曜など週末に接種できるように「中高生優先枠」という予約枠を準備する予定です。1回目の予約日時により2回目の接種日時も指定となるため、両日ご都合をつけていただくことにはなりますが、早めの接種のご希望の方は是非ご検討いただけますと幸いです。

【中高生優先枠】:予約受付当初は12歳0ヶ月から19歳0ヶ月の方のみ予約可能です。A-Fの組み合わせよりお選びください。

A: ①8/30(月) 13-13時半  ②9/24(金) 16-16時半

B: ①8/31(火) 13-14時   ②9/25(土) 9-10時

C: ①9/1(水)  13-14時   ②9/25(土) 9時-10時半

D: ①9/3(金) 16-16時半  ②9/25(土) 10時から11時

E: ①9/11(土) 10-10時半  ②10/2(土) 9時から10時

F: ①9/17(金) 16-16時半  ②10/9(土) 9時から10時


冷房病について

こんにちは。リハビリ助手のNです。

日本の夏を過ごすのに、冷房は欠かせません。冷房をつけることによって起こりうる「冷房病」について紹介していきます。

冷房が効きすぎている室内にいたり、暑い室外と寒い室内を何度も行き来しているうちに、自律神経のバランスが崩れ、体のだるさや頭痛、腹痛、下痢、便秘などの体調不良が生じることを「冷房病」といいます。

対策としてエアコンの使い方が大切となります。エアコンの標準的な設定温度は25~28℃が良いとされています。しかし体感温度は人によって異なるので、「寒い」と感じない温度が基本となります。外気温との差が大きいと、外出時の体のストレスも強くなります。よく出入りする場合は、エアコンの設定温度は「外気温マイナス3~4℃」を目安にすることが良いとされています。エアコンをつけっぱなしにすることもよくないので、ときどきエアコンを止め、窓を開けて外気を取り入れるようにしましょう。

冷房との付き合い方を考えて、暑い夏を乗り切りましょう!


「神田川」と言えば…

リハビリ室のAです。
「神田川」と言えば東京の都心部を流れる河川として有名ですね、もちろん東中野付近も流れています。JR東中野駅の東口 南階段をおりてそのまま東へ向かって3分程歩くと突き当たりますから駅からすぐです。
そこから川沿いに南へ10分程歩いてみましょう。すると大久保通りと交わる末広橋にたどりつきます。

この橋のたもとには、1973(昭和48)年に「南こうせつとかぐや姫」が歌い、120万枚以上の大ヒットとなった『神田川』の歌碑があります。歌碑には作詞者 喜多條 忠さん、作曲者 南こうせつさんのお名前と歌詞(一番のみ)が刻まれています。


歌碑が設置されたのは1996(平成8)年。当時、神田川沿いの遊歩道「神田川四季の道」の整備に関わった建設会社の社員が、地元住民から「せっかくきれいになったのだから記念になるものを」と言われたことが設置のきっかけとなったそうです。
「神田川」は有名な川ですが、同時に有名な歌でもあったのですね。東中野駅周辺散策の機会がありましたら、足を運んでみるのもよいかもしれません。

住所 中野区中央1-13-9
アクセス JR東中野駅から徒歩13分