WEB予約 WEB予約

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 03-3228-1555

クリニック情報 ブログ

麻疹(はしか)の流行について

連日メディアで報道されていますが、沖縄から麻疹(はしか)の流行が拡大しています。確かな知識を持って、正しい行動ができるように、麻疹についてまとめます。

今回の麻疹の流行は、3月下旬に沖縄観光のために訪日した外国人によって始まりました。その旅行者の立ち寄った先々で感染が成立(二次感染)し、また、その感染者から拡大している状況(三次感染)です。

麻疹は、感染症の中で最も感染力が強いともいわれている(空気感染)ウイルス感染症です。潜伏期は7-18日(通常14日)、ヒトに感染させる期間は発疹出現3-5日前から発疹出現数日後まで。高熱(38.5度以上)と咳、鼻汁、結膜充血、発疹を伴います。肺炎や脳炎を合併することによって、死亡する例もあります。(先進国での死亡率は0.1-0.3%)
特に麻疹脳炎は、1000人に1-2人が合併し、発症者の20%が死亡、30%が後遺症を残すと言われている予後不良の合併症です。
また、妊婦の感染は流産や死産の原因になることもあります。

感染予防に関しては、予防接種が最も有効です。1歳、年長時の定期接種であるMRワクチンをきちんと接種することが大切です。ご自身のワクチン接種歴をいま一度確認し、不明の方、1度しか接種していない方はワクチン接種を検討されてもいいかもしれません。

 

中野区では、MRワクチンが2歳から19歳で接種もしくは1回のみ接種の場合、無料で接種できる助成の制度があります。↓

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/402000/d001707.html#nini2

 

沖縄県は、旅行・出張を予定されている方向けに、麻しん(はしか)に関するQ&A を作成し、HPに掲載しています。どうぞ参考にされてください。
http://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/chiikihoken/kekkaku/press/documents/kankoqa180414_2.pdf


パーソナルトレーニング〜受けてみて2〜

当クリニックでパーソナルトレーニングを受けてくださっている方の感想です。

パーソナルトレーニングを受けようか悩んでいる方は是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

【女性】【30代】

・パーソナルトレーニングの印象

なんとなく1対1に抵抗があったのと、アスリートとか有名な人が個人的に指導を受けるようなイメージがあって、敷居が高いような気がしていました。

続けられるかどうか不安もありました。

 

・始めてみてから

まずはどうなりたいか、今までの生活習慣、食事のとり方などを聞いてもらって、自分にあったレベルから始めてもらえるので、トレーニングはキツイけれど、出来るかな?っていう不安はなくなりました。

一人で頑張っても、なかなか続けるのは難しけれど、これでいいのかな?と不安に思った時にすぐに答えてもらえる、モチベーションが下がりそうな時は励ましてもらえる、少しでも結果に繋がった時に一緒に喜んでくれる島津トレーナーの存在はとても大きいです。

運動だけでなく、生活や精神面など色々なところでサポートしてもらえるのがパーソナルトレーニングなんだなと思います。

 

 

・やってみて変わったこと

学生の頃以来、運動というものを本当にしてこなかったので、子供を産んでますます体力のなさや疲れやすさを感じていたのですが、パーソナルトレーニングを受けるようになって、確実に体力が付いてきて、疲れにくくなっていると感じています。

運動をする習慣もだんだんついてきて今は週1回のパーソナルトレーニングと週2回のペースでジムに通っています。

食事制限だけのダイエットとは違って健康的に少しずつ筋肉をつけて代謝を良くして太りにくい身体を目指したいです。


パーソナルトレーニング〜受けてみて〜

パーソナルトレーニングを受けているお客様の感想です。

 

是非、検討している方は参考にしてみてください。

 

・30代

・女性

 

•パーソナルトレーニングを始める前の印象。

1、金額が高い。 2、本当に効果があるのか。 3、自分に出来るの?

 

•パーソナルトレーニングを始めてみてからの考え方。

2、金額は納得。 3、はじめの2週間くらいは何も変わらなかったけれど、その後から体が変化してくるから効果を実感。 3、ちょっとづつ色々出来るようになって、達成感がある。

 

•パーソナルトレーニングをやってみて変わったこと。

1、体が変化したのはもちろん、9センチヒールを履いて歩いたり階段降りでもぐらつくことが無くなった。 2、食欲をコントロール出来るようになった。 3、トレーニングは苦しいけど、終わった後の爽快感がある。だから、続けられる。 4、食事方法や筋トレの方法は続ければ一生身につくと思った。

 

 

以上です。


島津トレーナー雑誌「Tarzan」に載りました!

当クリニックのパーソナルトレーナーの島津が4月5日発売のフィットネス雑誌「Tarzan」に載っています。

 

実は今まで何回もTarzanに載っているのです。

 

女性が本屋で立ち読みしても恥ずかしくない本ですので、是非チェックしてみてください!


子どもの夜間の受診に迷ったら・・

夜間や休日などクリニックのあいていない時間に、子どもに熱が出たり、咳がひどくなったり、すぐに受診すべきなのか判断に困ることはありますね。
そんな時に頼りになるものをご紹介します。

①東京都の「小児救急相談」
:保健所や保健センターが閉庁する時間帯に、子供の健康・救急に関する相談に、看護師や保健師等が応じてくれ、必要に応じて小児科医師が小児救急相談に乗ってくれます。

受付時間:
●月曜日~金曜日(休日・年末年始を除く)  午後6時~午後11時
●土曜日、日曜日、休日、年末年始      午前9時~午後11時

電話番号:
(プッシュ回線の固定電話、携帯電話): #8000
(ダイヤル回線・IP電話等すべての電話): 03-5285-8898

②東京消防庁の「救急相談センター」

:急な病気やけがをした際に、救急車を呼んだ方がいいのか、病院に行った方がいいのか、など迷った際は、#7119でも対応してくれます。

:::::::::::::::::::::::::::::

その他、東京都では以下の相談にも乗ってくれるサービスがあります。

③妊娠中の健康や生活に関する相談は・・・

●妊娠相談ほっとライン

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/sodan/ninshin-hotline.html

④育児に関する相談は・・・
●児童相談所・児童相談センター
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jicen/annai/jido_sodan.html
●4152電話相談
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jicen/annai/4152.html

もしもの際に参考になれば幸いです。


みずいぼ

正式には伝染性軟属腫といい、ポックスウイルスによる皮膚感染疾患です。幼少児に好発し、お風呂やプールなど,肌を露出して人と接触する機会にタオルやビート板、浮き輪などを介して感染するとされています。

乾燥や湿疹など、皮膚のバリア機能が低下した状態で感染しやすいといわれており、手足や体幹の柔らかめの皮膚に,小さなポツポツが多発することがあります。

自然治癒も見込めますが、6ヵ月から5年程度かかることもあります。その間に、みずいぼの個数がどんどん増えてしまったり、周囲に感染を広めてしまったりすることもありますので、数が少ないうちに摘除してしまうのも、治療法としてはお勧めです。他にも治療法はありますので、みずいぼを見つけたら、ご相談ください。

 

千葉家の3人のこどもも、全員みずいぼにかかりました。乾燥肌に対して保湿もしていましたが、やはり家族内感染は起きてしまうのです・・・

摘除は痛くて可哀そうだな、と思い、自然治癒を待ちましたが、乾燥肌のひどくなる冬場に驚くほどのスピードで数が増え、摘除を決めました。その時の治療画像を残しておきましたので、参考までに。

始める前に「ポツポツがいっぱいできてしまってなかなか治らないから、痛くなくなる魔法のテープを貼ってお肌ピカピカにしようね♡」とお話してから始めました。(プレパレーションといいます。)その意味では、言葉のわかる段階(3歳くらい以上)での治療がお薦めです。

↓  かゆみなど自覚症状のないツルっとしたポツポツがいずいぼです。

↓  「ペンレステープ」という局所麻酔のテープ材を患部にしっかり貼り付け、1時間くらい待ちます。

先の丸いピンセットで取り除きます。痛みはかなり軽減されているようですが、恐怖心で泣いてしまいました。

10個ほどの摘除でこどもも精神的にも限界なので、1回ですべてとりきれなくても焦らず、次回に持ち越してもいいと思います。

↓  少し出血することもありますが、すぐに止血されます。

摘除後、再発する可能性もありますが、大きいものをしっかり摘除しておくと、数は確実に減ります!

 

これからの季節、子どもの肌をちょっと注意してみてみてくださいね。


最新号のnicola(2018年5月号)をご覧ください!

小児科担当・千葉智子です。

nicola 5月号の「nicola保健室 わたしの悩み」のコーナーで、身長に関してのお悩みへのアドバイスが掲載されています。

小児科の待合いでも読めますが、興味のある方は、是非書店でお求めください♪