WEB予約 WEB予約

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 03-3228-1555

クリニック情報 ブログ

風疹の流行阻止のために☆

妊娠中(特に初期)に風疹に罹患することにより、先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれる可能性があがります。先天性風疹症候群の3 大症状は先天性心疾患、難聴、白内障です。その他、様々な症状の出現の可能性があります。風疹の流行を防ぐことにより、先天性風疹症候群を予防できるのです。

2018年7月以降、30-50歳代の男性中心に風疹の患者数が増加しています。30-50歳代の男性というのは、働き盛りで多くの人と接触をしたり、妊娠可能な女性の近くで生活しています。特に1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54年)4月1日の間に生まれた男性は風しんの予防接種を受ける機会がなかったので他の世代と比べて抗体が低くなっています。

そこで、国は、この春(2019年4月)から、風しん抗体検査と予防接種法第5条第1項の規定に基づく風しんの定期予防接種を実施することになりました。対象の方に全国の指定の医療機関等で利用できる無料のクーポン券が郵送されてきます。まずは風しん抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分に抗体を保有していないことがわかった方は定期予防接種を受けましょう。(2022年までの制度となっています)

当院でも検査、並びに予防接種を行えます。まずは、ご都合のよい日時で電話予約をしていただき、クーポン券現住所のわかる身分証明書をご持参ください。

 

定期接種の対象に当てはまらない方も、

中野区にお住まいの方で、次のいずれかに該当する方(中野区に住民登録がある方)

1.女性 妊娠を予定または希望している19歳以上の方

2.男性 30歳から59歳までの方

3.男女とも 妊婦もしくは1の女性と同居している19歳以上の方

は中野区からの助成で、抗体検査と予防接種は無料で受けられるようになっておりますので、詳しくは、こちらをご覧ください↓

https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/402000/d017592.html