WEB予約 WEB予約

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 03-3228-1555

1.クリニック情報 ブログ

熱中症対策について

こんにちは。リハビリスタッフCです。

ジメジメと湿度が高く熱がこもる時期・気温が上がる夏に要注意の熱中症の対策についてお話したいと思います。

熱中症は身体にこもった熱を放出できなくなってしまうことが原因で起こります。熱をこもらせないように冷やすことが重要となります。皆さんは身体を冷やす時、どこを冷やしますか?実は、冷やす場所にはポイントがあるんです!

 

<ここを冷やすと効果的!>

(横) ② ③足の付け根

⇒太い血管が通っていて、比較的皮膚が薄い場所なので冷えやすいです。

※保冷剤などを使う時は凍傷にならないよう、タオルに包んで長時間当てないようにしましょう!

手首(血液の折り返し地点)

⇒心臓に返る血液(静脈)を冷やすことができるので、身体にこもった熱を流してくれます。

※冷水に浸すだけでも効果的!

<逆効果!?NGポイント

おでこ

⇒血管が収縮して頭痛や肩こりにつながってしまうことも…

首の後ろ

⇒体温を調節するところが「身体が冷えてる!」と勘違いをして逆に体温を上げてしまうことも…

 

どうでしょう、皆さんは効果的な場所を冷やすことができていましたか…?まだまだこれからが夏本番です…!水分・塩分をとることも忘れずに、熱中症対策をして快適に夏を乗り切りましょう!